キャンピングカー用タイヤの選び方

キャンピングカー

宿や切符の手配など、面倒なことに縛られず、気ままに旅行が楽しめるキャンピングカー。昨今のアウトドアブームもあって、今キャンピングカーを所有するひとが増えています。

ほとんどのキャンピングカーは普通免許で運転できるので、乗用車のように気軽に利用できるのかと思いがちですが、すべてが乗用車と同じ、とはいきません。

今回は、キャンピングカーのタイヤを購入するときに知っておきたい情報をまとめました。

キャンピングカー用のタイヤって普通の車と何が違うの?

キャンピングカーの車体は、乗用車と違って、トラックやバンがベースに使われています。それは、車体がとても重いということです。さらに、専用の就寝スペースやキッチン、リビングなどの設備があり、まるで移動する自宅。それだけの重量を支える必要があるのですから、タイヤに掛かる負担は相当なものになります。

しかも、積み荷を下ろす機会のある商用のトラックと違って、キャンピングカーの積み荷(架装)は、一度載せたらほぼ、そのままです。

また、キャンピングカーは比較的長い時間を、レジャー目的で使用するため、乗り心地や静かさなどの快適性が重要になります。そして、おもにアウトドアでの活躍を期待される車種なので、砂利道やぬかるんだ道、積雪・凍結した路面での安定した走行も求められます。

このように、重い架装や積載物を支え、悪路にも耐える必要があるため、キャンピングカーのタイヤに掛かる負担は、普通車はもちろん、商用のトラックよりも大きなものです。キャンピングカーのタイヤは、これらすべての条件に柔軟に対応する品質であることが重要です。

そのため、一般的なタイヤの扁平率が55~65ぐらいとすると、キャンピングカー用のタイヤでは、70~80と、断面が円形に近い形状のものがほとんどです。負荷能力があり、乗り心地が良いという側面から、扁平率の高いタイヤを選ぶ人が多くなっているんですね。
この条件を満たすタイヤは、おもにライトトラック・バン用のタイヤとして販売されています。

【キャンピングカー用タイヤ】
195/70R15|ブリヂストン195/70R15|ブリヂストン
195/80R15|ブリヂストン195/80R15|ブリヂストン

キャンピングカー専用タイヤってどういうもの?

キャンピングカーは、その形状から、一車両の重心が高くなりがちです。その上、積荷も多いので車両がふらつきやすい傾向が。そのようなデメリットをカバーしたCP規格タイヤといわれる専用タイヤが、ブリジストンやミシュランから販売されています。
CPタイヤは、LTタイヤ規定よりも空気圧が高く設定されています。トレッドの接地面を拡大、ケーシングを頑丈にすることで、高負荷域に耐えられるだけでなく、安定した走りが実現できるのです。

また、キャンピングカー専用タイヤは、タイヤの扁平率を大きくすることで、タイヤ内部で、縦方向の空気がクッションになります。これで、柔らかい乗り心地になり、悪路から受ける衝撃も小さくできます。タイヤの扁平率を上げることで、ハンドル操作の感度が悪くなることがありますが、スポーツカーのような機敏な走りというよりも、乗り心地と安定性が重要なキャンピングカーでは、それほど問題にはならないかもしれません。

キャンピングカータイヤの選び方

キャンピングカーのタイヤでは、路面に接する面積を広くすることで、負荷に強く、安定した走行が期待できます。それを知るためには、タイヤに印字されている「数字の意味」を知っておくことが大切です。

例えば、タイヤ一本あたりが耐えられる重量をあらわした数字は「ロードインデックス」といいます。ロードインデックスを上げるために、タイヤのグレードを変更することもあるくらい、キャンピングカーのタイヤにとっては重要な数字とされています。

なぜなら、重たい架装を積みっぱなしで走るキャンピングカーを支えるタイヤの負担は、乗用車とはくらべものにならないほど大きく、常にバーストの危険を抱えている、ともいえます。
この負担を最小限にするカギが、「ロードインデックス」です。

その他の数字の意味についてもみていきましょう。

タイヤの数字の意味は?

例えば、「195/80R15 107/105L」と記載されていたら、はじめの「195」はタイヤの幅を表しています。次の「80」は扁平率です。そして「15」は、タイヤの直径のことです。最後に記載されているのが、「107」がロードインデックスの数値です。その後ろの「105」は複輪の場合です。ほとんどのキャンピングカーはシングルタイヤなので「107」という数字が大切になってきます。

また、キャンピングカーのタイヤは「3年をめどに交換する」ことも大切です。毎日重い積み荷を載せて、年間10万キロも走行するような、厳しい使い方をする商用トラックでさえ、荷物を下ろした帰り道は空車です。

それにひきかえキャンピングカーは、走っていても止まっていても、ガレージで出番を待っているときでさえ、満タンに積載している状態です。さらに、走行時にタイヤに掛かる負担も大きいため、見た目にはわからないような摩耗がすすんでいたり、ハーネスやボルトが疲労していたりすることが多いのです。

あんまり使ってないから大丈夫だろうと考えていると、タイヤが突然バーストを起こすこともあります。キャンピングカーのタイヤは3年ごとに交換、と頭に入れておきましょう。

キャンピングカーのタイヤを選ぶなら!ヘラクレスにご相談ください

トラック バス ダンプ タイヤ ホイール 通販

キャンピングカーのタイヤを選ぶときは、一度は専門家に相談するのがおすすめです。車両重量が普通車や商用車とは異なるので、ロードインデックスの計算は複雑なものになります。計算をまちがってしまえば、車検を通りませんし、知らずに走行してしまえば、大きな事故につながる可能性もあります。
少しでも不安がある場合は、専門家にチェックしてもらうのが安心ですね。

キャンピングカーのタイヤは、ぜひヘラクレスでお買い求めください。
ヘラクレスは、幅広い種類・サイズのタイヤを取り扱っています。

サイズから探すサイズから探す
溝の種類から探す溝の種類から探す
メーカーから探すメーカーから探す
ホイールを探すホイールを探す
チューブ・ナット等用品チューブ・ナット等用品
ブログブログ

営業時間 平日 10:00~17:00
TEL:049-265-6662
FAX:049-247-0577
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町5-16-17

このページをSNSでシェアする!↓