[交換時期]トラックやダンプのスタッドレスタイヤはいつ履き替えれば良い?[購入時期]

スタッドレス バス トラック ダンプ 時期 タイミング

トラックやバス、ダンプ、トレーラーなど商用トラックのスタッドレスタイヤにとって最適な交換時期(購入時期)はいつでしょうか。

あまり早く履き替えても減ってしまうともったいない。

でも雪が降ってから履き替えるのでは遅すぎる。

 

特に荷物や人を乗せて仕事を請け負う車のタイヤ交換については慎重に考えたいところかと思います。

 

今回はそんなトラックやダンプ等のスタッドレスタイヤの交換時期についてのブログです。

 

前提としてスタッドレスタイヤの交換は早めがオススメ

スタッドレスタイヤは雪が降り始める前に履いたほうが良いと言えます。

なぜなら、雪が降り始めてからスタッドレスタイヤを交換したり購入したりしようとすると様々なデメリットが生じるからです。

 

  • 荷物や人を乗せる車としては走ることができないと仕事が請けられなくなってしまう
  • タイヤを販売しているお店が混み、交換の待ち時間が長くなる
  • サイズの合ったタイヤが品薄になり、選択肢が少なくなる
  • 最悪の場合、売り切れてしまい入荷待ちになってしまう
  • 需要があるのでお店での値引き幅が小さくなる
  • あまりに路面の状態が悪くなると、ノーマルタイヤではお店にたどり着けなくなる

 

上記のように雪が降ってからスタッドレスタイヤに交換しようと思うと、様々な弊害があります。

スタッドレスタイヤを買い求めてお店に人が殺到するため、交換の待ち時間が3~5時間以上、というのもよく見かけます。

そうならないためにも早めの交換がおすすめです。

 

特にトラックやバスについては交換を前倒しに行う法人様が多いのでより早く対応する必要があるといえます。

 

 

乗用車では多くの人は10月頃から購入を検討しています

タイヤメーカーの横浜ゴムのホームページにこのようなデータが載っていました。

 

yokohama_data

 

これを見ると

  • 28.9% 10月
  • 23.7% 11月
  • 15.8% 12月
  • 7.9% 9月

 

と、約三割の人は10月からの購入の検討を始めています。

これは乗用車のスタッドレスタイヤ交換時期の目安です。

 

トラックやバス、ダンプ等はこれらよりもイメージとして1ヶ月以上前倒しになります。

雪の降る地域では9月には履き替えを全車完了しているということも珍しくありません。

 

 

地域別で降雪の時期に合わせて考えてみましょう

早め早めと言っても、地域によって雪が降り始める時期は異なります。

今度は地域別の初雪時期を見ながらスタッドレスタイヤの交換時期を考えてみましょう。

 

Wikipediaに初雪のページがありました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/初雪

 

日本国内主要都市における初雪および終雪の平年値(1981-2010年、気象庁、観測地点は2012年時点)のデータを引用します。

初雪 いつ スタッドレスタイヤ

 

 

 

地域によって降りはじめのタイミングや時期は大きくばらつきがあります。

またあくまで平均ですので年によって早まったり遅まったりすることが当然あります。

 

初雪が降り始めるだいたい2~3か月前くらいの購入がオススメです。

例えば関東であれば10月頃でしょう。

 

 

まとめ

スタッドレスタイヤは降雪の1~2ヶ月前には交換した方が良さそうですね。

 

また、スタッドレスタイヤは性能を発揮するために新品を装着したら100km~200kmは慣らし走行をしたほうが良いでしょう。

早めにお店に行ってお得にスタッドレスタイヤを購入&交換することをおすすめします。

 

 

当店ではトラックやバス、ダンプ、トレーラー用のスタッドレスタイヤを幅広くお取り扱いしております。

価格等は下記のページをご覧ください!

 

スタッドレスタイヤ一覧ページ[タイヤ&ホイールのヘラクレス]

 

タイヤ&ホイールの激安い価格通販

「タイヤ&ホイールのヘラクレス」

営業時間 平日 10:00~17:00

TEL:049-265-6662

FAX:049-247-0577

〒320-1124 埼玉県川越市新宿町5-16-17

 

 

このページをSNSでシェアする!↓