タグ別アーカイブ : 特徴

トレーラートラック 11R22.5 16PR タイヤ交換 激安

当店のお客様、お得意様には、大型トラックユーザ-様も沢山いらっしゃいます。

こちらのトレーラートラックのお客様は、長年にわたり当店のタイヤをご使用頂いております。

「日産UDトレーラートラックにヨコハマタイヤ MY777 を装着しました[11R22.5 16P]」 の続きを読む>>
トラックスタッドレスタイヤ比較

今回は1トン~3トンクラスまでのトラック用のスタッドレスタイヤを比較します、

もちろんトラックだけではなくバスやダンプ、ユニック車など様々な車種で装着できます。

 

ベースとなる車は、キャンター、デュトロ、エルフ、タイタン、ボンゴ、タウンエース、ダイナ、トヨエース、アトラスあたりが代表的です。

 

 

一口にスタッドレスタイヤとしてもその性能はタイヤごとに大きく異なります。

今回比較するスタッドレスタイヤは国内主要メーカーを中心に下記の5種類です。

 

比較するスタッドレスタイヤはこちら

  • ブリヂストン BLIZZAK W979 (ブリザック ダブリュキューナナキュー)
  • ヨコハマタイヤ iceGUARD iG91 (アイスガード アイジーキューイチ)
  • トーヨータイヤ DELVEX M934 (デルベックス エムキューサンヨン)
  • グッドイヤー UG FLEXSTEEL 2 (ユージー フレックススチール ツー)
  • ダンロップ WINTER MAXX LT03 (ウィンターマックス エルティー ゼロサン)

 

「[1トン~3トン]トラックのスタッドレスタイヤ比較2016~2017[オススメはこれ]」 の続きを読む>>
スタッドレス

トラックやバス、ダンプなどに装着するスタッドレスタイヤにはどのようなメリット、デメリットがあるでしょうか。

今回はスタッドレスタイヤについて詳しく言及していきます。

 

スタッドレスタイヤは雪道や氷道でも走行ができるように作られているタイヤです。

以前は金属のピン(スタッド)をタイヤに埋め込んだスパイクタイヤが使われていましたが、環境問題のためスパイクタイヤは現在では禁止となっています。

その代替品として開発されたのがスタッド(スパイクが)レス(無い)タイヤです。

 

スタッドレスタイヤはゴムの質とトレッドパターン(接地面の形)がノーマルタイヤとは全く異なる作りになっています。

凍結してしまった路面でもしっかり食いつき走行できるようになっているのが特徴です。

「[スタッドレス]トラックタイヤの種類とその特徴[メリット・デメリット]」 の続きを読む>>
ミックスタイヤメリット・デメリット

数あるタイヤのトレッドパターン(接地面の形)の中でも今回はミックス溝のタイヤについて言及します。

ミックスタイヤ、別名ブロックタイプタイヤなどとよばれるタイヤの特徴やメリットデメリットをご紹介してまいります。

ミックスタイヤとは下の写真のように接地面がいくつかのブロック状になっているようなタイヤを指します。

「[ミックス・ブロック]トラックタイヤの種類とその特徴[メリット・デメリット]」 の続きを読む>>
トラック-ダンプ-縦溝タイヤ

トラックのタイヤのトレッドパターン(接地面の形)にはいくつかの種類があります。

今回は縦溝(たてみぞ)タイヤの特徴についてご紹介いたします。

縦溝のタイヤはこちらの写真のように大きな溝が進行方向に対して縦に入っているものを指します。

「[縦溝・リブ]トラックタイヤの種類とその特徴[メリット・デメリット]」 の続きを読む>>